344の能動的にゆだねる、ART LIFE

渋谷の某SPOTで働く344(さよよ)のナゾBLOG。

バイオリンについて学ぶ。

藪から棒に私の幼馴染を紹介します。

 

私の幼馴染Mさんは音楽が好きで、聴くのも演奏するのも作曲も、好奇心のままに色々手を出してきました。学校もPCでの作曲関係の学校に進んだり。

 

そんな彼女は、10年ピアノをやってきたけれど、ピアノとは違うバイオリンの独特な音色に惹かれる自分を抑えきれず、とうとう26歳の時に手を出し、かれこれ8年継続してレッスンに通っているそう。

 

先日1年に1回のバイオリンの発表会を観に行きました。

 

ポチッと撮影させてもらう。

 

f:id:sy4blog:20170507140251j:plain

 


せっかくなので、これを機会にバイオリンの歴史について軽く調べてみたのでご紹介します。

16世紀初めに誕生したのが始まりで、最古のものは現存していないけれど、絵画に描かれていることでそう推測されています。北イタリアが発祥の地のようです。
バイオリンより先に存在していた擦弦楽器は、モンゴルの馬頭琴や、中東にあった”ラバーブ”(ヨーロッパに伝わってからは”レバック”と呼ばれる)などがあったけれど、ラバーブまたはレバックはやがて立てて弾くタイプと抱えて弾くタイプに分かれたそうな。
そして立てて弾くのもは”ヴィオール属”に、抱えて弾くものは”バイオリン属”と進化して行ったそうです。

 

はい。

 

ちなみにバイオリン製作に使われる木は、表側が松、裏側が楓らしい。木がよく乾燥していることが良い音に繋がるので、昔作られたバイオリンはよく乾いていて良い音が出るんだって。

 

ところで、大人になってから何かを始めるっていいですよね。子供の時から習っているケースと違って、少なからず「1から覚えなくちゃいけないけれど、それでもいいから学びたい!」という決心や知的欲求みたいなものを持ってのスタートなわけで。
人生を深く味わう側面になりますよね。


私の周りは音楽が好きな人が多く、日々いろんな刺激をもらえて面白いです。