344の能動的にゆだねる、ART LIFE

渋谷の某SPOTで働く344(さよよ)のナゾBLOG。

映像と音楽を操る。高木正勝さんについて。

ちょっと昔の自分を思い出しつつーの、たまには真面目に書こうと思います。

 

f:id:sy4blog:20170430153541j:plain

 

一人暮らしをしていた時、1年程テレビがない時期がありました。パソコンもなく、携帯もパケットコースの契約をしていなかったので、メール以外のインターネットができず、当時私にとっての娯楽は

・CDの音楽

・DVD

・本

のみでした。

もちろんSNSとも隔離されていました。

別に修行とかしていたわけではありません。


テレビなどがなくても生活はできるけれど、ごはんを食べるときに何もないと目と耳が淋しい気がして、たまに持っているDVDを流しっぱなしにしてました。


そのうちのDVDの一つが、高木正勝さんの「world is so beautiful」。

知らずに見ていたけれど、調べたらアニエス・ベーの依頼で制作し、ショップで展示していた映像らしいです。

 

知っている方も多いと思うけれど、高木正勝さんは音楽と映像どちらも手がける作家さんです。
おおかみこどもの雨と雪」などのサントラなども手がけています。

 

先日行ったイベントでDJの方が高木正勝さんの音楽を流していたので
高木正勝さんいいですよね!」「僕も彼は天才だと思います!」
などと話せて嬉しかったです。


そして個人的にすごく懐かしくなり、今回テーマとして取り上げてみました。

 

・「おおかみこどもの雨と雪」のサントラより。四本足の踊り。
https://www.youtube.com/watch?v=WqpPMTt8ZOk


・「girls」より
うつくしいピアノに心が浄化される感じ。
魂の綺麗な人なんだろうなぁ。
https://www.youtube.com/watch?v=VJRIqDoYqnE

 

・映画「バケモノの子」より。
コメントに「かけまわりたくなる」とあったんだけど、本当にその通りで、生きる喜びみたいな感じで、キラキラしてていいなと思う。
https://www.youtube.com/watch?v=ryb_uAt5_GA


今は山奥に移住して、改良した古民家と自然の中で暮らしながら、音楽活動をされているそうですよ。


よかったら高木正勝さんの音楽、ぜひ聴いてみてください。