344の能動的にゆだねる、ART LIFE

渋谷の某SPOTで働く344(さよよ)のナゾBLOG。

六本木でチャーミングなジャーニーを。

口いっぱいのお祈り、カバンいっぱいの夢。それがあれば私たちは行ったことのない空間に行くことができるでしょう。(N・S・ハルシャ)

 

             f:id:sy4blog:20170326020435j:plain

 

見たもの:森美術館 N・S・ハルシャ展 ーチャーミングな旅ー
内容:南インドの古都マイスールに生まれ、現在も同地で活躍する現代アートのアーティスト、N・S・ハルシャの初のミッド・キャリア・レトロスペクティブ。

http://www.mori.art.museum/contents/n_s_harsha/index.html

 

 

ナマステー。六本木にある森美術館の「N・S・ハルシャ展 チャーミングな旅」を気まぐれに見てきました。けっこう前だけど。

これ、気まぐれに見に行ってよかった。相当、楽しめました。

 

作品の雰囲気としては、遊び心やPOPさ、可愛さもふんだんにあり、すんごく見やすくて引き込まれます。しかしオフィシャルサイトにも見どころとして「故郷マイスールから世界各地のグローバル化の実態を考察する。」とある通り、ひとつひとつの作品にN・S・ハルシャの社会的、また哲学的な思想が、土台としてはっきりと組み込まれていて、多角的な刺激を受け取る感覚がありました。

 

社会。国家。

そして

身体。宇宙。

 

一見真逆のテーマなのだけど、実際のところそれらはむしろ密接で切り離せない関係にあることを、改めて気づかされましたねー。


とりあえず説明文と作品を順番に見ていくのが、とても楽しい展示!

けっこう本気でオススメ!

 

アートには全く関係ないけれど、「インドのマイスールってなんか聞いたことあるなー」と思っていたら、サンダルウッド(白檀)の産地として有名な場所でした。マイソールのものは最上級とされていて、大量伐採などの関係で今はインド政府の管理下にあります。

ちょうどこの頃は風邪を引いていて喉がイガイガ、鼻水も出てくる・・・みたいな感じだったので、寝る時にマスクに精油を垂らして使っていたのでありまーす。

喉や鼻の通りが良くなり、リラックス効果もあるので、この時期はサンダルウッドの精油に助けられました・・・。

 

最近はめっきり元気です。

一生花粉症になりませんように・・・とのんびりと願いながら、今年ももう気づいたら春が来てしまっているのでした。

 

今年の春は、例年にも増して新しいスタートが楽しみであります。