344の能動的にゆだねる、ART LIFE

渋谷の某SPOTで働く344(さよよ)のナゾBLOG。

有田焼の可愛さ。

お土産から縁が生まれた日本の伝統。

 

「有田焼」の名前は聞いたことはもちろんあるけれど、いままで一度も手にしたことがなかった私。産地すら曖昧なほど無知だったのですが、(お恥ずかしい)同じシェアハウスで暮らしている佐賀県出身のお友達にお土産としていただき、愛着を持って使わせていただいている今日この頃です。

 

去年帰省したときのお土産はスプーンを。


今年帰省したときのお土産は箸置き(スプーンやフォーク等も置けるタイプ)を。

 

私たちは11人で暮らしているのですが、いつも色や柄を11種類買ってきてくれて好きなものを選ばせてくれるという粋な計らい。


シェアメイトたちと、わいわいどれにするか選ぶのも楽しいひと時です。

 

有田焼は、こっくりとした優しい色合いがほんのり可愛い

 

f:id:sy4blog:20170709125213j:plain

 

ある日の344の昼ごはん。(ごはん、中華スープ&麻婆豆腐。)

こんな感じで使わせてもらってます。

 

お箸のチョイスがいまいちだけど気にしないでください。

 

f:id:sy4blog:20170709123423j:plain

 

 新しいお箸買おっかなぁ・・・(ひとりごと)

 

 

400年以上の歴史のある有田焼は、それぞれの工程を分業で行っていて、それぞれのスペシャリストがいるんだって。

 

基本的は工程は、


・土練りとろくろ
・下絵付け
・濃み(だみ。太い筆で塗りつぶす)
・施釉(釉薬をかける)
・焼き上げ
・上絵付け
・上絵濃み
・焼き付け

 

だから作業開始から完成まで1か月もかかるらしい。
手間がかかっていますね。

 

有田焼について調べていたら、こんな興味深い動画を見つけました。

興味がある方は是非見てみてください。(『アーツ&クラフト商会』第3回)

http://artsandcraftsco.com/program/index.html

 

この動画の中で「源右衛門窯」代表の金子昌司さんがこのようにお話しされていたのが印象的でした。

 

「工程を細分化して、エキスパートを配置して全体のレベルを保つと言うと、伝統工芸という感じがしますが、元々は工業製品=プロダクトだったので、”手作業でやっているからいい。”というわけでもない。”手でやらないと表現できないものを作らないと”手仕事する必要はない。」

と。

 

「それは何かと言うと、そばに置いて、愛着が湧くもの」

だそうです。深いお話です。


また絵付だけでなく”掘り”でデザインをしている作家の川崎精一さんは、受け継がれた有田焼の現在について、

 

「400年の歴史ですが、幅を広げないと500年後はないんじゃないか?」とお話ししていました。
でもそれでこそ新しいデザイン方法を生み出したり、クリスマスツリー(分解するとグラス&シャンパンクーラーになるというなんとも現代的な一品)を有田焼で作ったりなど、歴史あるものをあえて開拓していく姿勢につながっていくんだなぁ、となんだか感動しました。

 

器にこだわるって大人の証のひとつって感じがしませんか。

 

私もいつかそんな日が来るかしら。

 

自分の将来を、なんとなく楽しみにしたいと思います。

 

ポスターの役割。

iichiko design展 2017 大宮 』に行ってきました。

 

いいちこ。てん。


私は普段、焼酎は飲まないのですが
以前からこの商品のポスターの

写真とコピーとレイアウトの組み合わせの妙!

みたいなものがとても好きだったので、6/23から6/25の三日間だけという短い期間の展示でしたが、運良く行けて本当によかったです。

 

全部で何枚のポスターがあったのかは分からないのですが、

一枚一枚が詩のようでした。

 

これらのポスターが、たとえば疲れているときに駅でもしふと目に入ったら、一瞬だけでも疲れが取れそうだな、とつい想像していました。

 

そして焼酎好きの方は、まさに一杯のいいちこに癒されたくなるんでしょうなぁ。

 

様々な国で撮影されたそれらの写真から、その場所の風や空気感が漂ってくる気がして、ポスター毎の説明書きを見てみると私が特に好きなポスターはハワイで撮られているものが多かったです。

 

ハワイ、行ったことないけど行きたい。

 

そんなこれらのポスターはハワイ組です。(雑なカテゴライズ)

 

f:id:sy4blog:20170626003758j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626003613j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626003713j:plain

 

これはシチリア。このポスターも好き。

 

f:id:sy4blog:20170626004031j:plain

 

他にも、ニューカレドニアベリーズ、テキサス、ニュージーランド、ガルベストン、ユタ、ニューヨークなど、どこにあるかも知らない地名もありました。

 

今回感じたことは、ポスターって情報だけでなく考え方や世界観を見る人に提供する、大きな力を持っているんだなということ。


それが商品のマーケティングに繋がる、というかむしろ目的なのだから、
宣伝って本当に大事だね。(なんだか小学生みたいな感想)

 

良いものができたら、消費者に届くまでが制作。その役割の一つがポスターなんだなぁ。

 

正直、どこに商品(いいちこ)があるのがパッと見分からないポスターもあるんです。

 

f:id:sy4blog:20170626004303j:plain


ここにいるよ。

 

f:id:sy4blog:20170626004342j:plain

 

みたいな。

ひっそりと佇んでいます。

 

 

だけど、その世界観優先みたいなスタイルが

いいちこシリーズでは独特な個性になっている、その優先順位が潔い。


ちなみにいいちこのポスターは20年以上同じメンバーで制作されているそうです。

アートディレクターの河北秀也さん、コピーライターの野口武さん、デザイナーの土田康之さんと、カメラマンは浅井慎平さん。

 

1年で13枚作るそうで、それが20年以上となると大変な量です。

 

今回の展示は無料だったのですが、まさか、なんと。
こんな豪華なポスター集をお土産にいただいてしまいました。

 

f:id:sy4blog:20170626004509j:plain

 

分厚いよ。20年の歴史の重みを感じます。
信じられない。嬉しい。

 

f:id:sy4blog:20170626004705j:plain

 

大事に少しずつ見ようと思います。

 

 

『ほぼ日刊いとい新聞』さんのサイトでいいちこ三和酒類さんのインタビューを見つけたのですが、とても深く良い内容でまた読み返したいので、自分のためにリンクを貼ります。へへ。

 

興味があれば是非こちらも。
「デザイン」や「ものづくり」、「チームとしての会社」
などのワードにピンとくる方は是非、オススメのインタビューかもです。

https://www.1101.com/keiei_design/iichiko/index.html

 

 

知らなかったけど、いいちこ、入れ物もおしゃれなんだね。

 

f:id:sy4blog:20170626005003j:plain

 

今度買って、初めて飲んでみよう。

 

 

好きなポスターを貼ります。

 

f:id:sy4blog:20170626005055j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626005209j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626005404j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626005442j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626005526j:plain

 

f:id:sy4blog:20170626005329j:plain

 

はぁ。しんみりしちゃいますね。

 

ちなみに展示中はいいちこのCMの音楽が流れていました。

こう写真を見返していると頭の中のBGMがそれになっていきます。

 

シラフですが、すでにほろ酔い気分です。

紙の向こうのノスタルジー

感受性の欠片になるもの

 

私が親に感謝していることの一つに、子供の頃たくさん絵本を読んでくれた、というのがあります。
福音館書店の『こどものとも』や『かがくのとも』シリーズを定期購読しており、また保育園に上がってからは、保育園の図書館ブースの本をよく借りてきてくれていました。

 

今回初めて福音館書店のウェブサイトを見てみたのですが・・・
もう山脇百合子さんのイラストを見た瞬間胸がいっぱいになってしまいました。

 

http://www.fukuinkan.co.jp/maga/

 

ぐりとぐら』でも有名な、中川李枝子さん(おはなし)と山脇百合子さん(挿絵)は姉妹だそうです。


同じコンビ作による『いやいやえん』については大好きなあまり、家族で車で出かける際、後ろのシートに座って一人で内容を暗唱していたそうです。

私自身は全く記憶がないけれど・・・さぞ奇妙な子供に見えただろう。

f:id:sy4blog:20170619002022j:plain

 

その他に好きだったのは

 

松谷みよ子さんの『ちいさいモモちゃん』シリーズ(講談社

f:id:sy4blog:20170619002039j:plain


いわむらかずおさんの『14ひきのひっこし』シリーズ (童心社
http://www.doshinsha.co.jp/search/result.php?keyword=

f:id:sy4blog:20170619002130j:plain

 

かこさとしさんの『カラスのパン屋さん」シリーズ(偕成社
http://www.kaiseisha.co.jp/special/kakosatoshi/

f:id:sy4blog:20170619002206j:plain

 

あとは『もりのへなそうる(わたなべしげおさん作 山脇百合子さん絵 童心社)』や

f:id:sy4blog:20170619002235j:plain


ももいろのきりん(中川李枝子さん作 中川宗弥さん絵 童心社)』なども大好きでした。

f:id:sy4blog:20170619002307j:plain

 


好きだった絵本を挙げると本当にキリがなくなってしまうので、今回はこのへんにしておきます。


絵本に関する思い出は色々あります。

 

『もりのへなそうる』は兄弟が探検に行くお話なのですが、当時子供だった私と弟は、絵本の中の兄弟を真似てよく家の中で探検ごっこをしていました。

 

また我が家では、”毎晩寝る前に、私と弟が好きな絵本を1冊ずつ選び、母親に読んでもらう”という習慣がありました。
お話の世界を想像することは、現実から離れて、自分だけの想像の空間を生きるということ。
毎日のその時間のプレゼントは、今振り返ると大きな財産です。

 

子供のころに好きだった絵本を思い出してみましたが、実は30年も昔のお話です。

現在絵本コーナーに並んでいる作品は何だろう?
と気になったので、実際に本屋さんに足を運び、ふむふむと見てきました。


自分が子供のころ読んでいた絵本と、現在人気の絵本に、果たして差はあるのか?

新宿駅コクーンタワー内のブックファーストの絵本コーナーを見てきました。

 

f:id:sy4blog:20170619002459j:plain

 

f:id:sy4blog:20170619002647j:plain

 

結果、3割くらいは自分が子供だったころ読んでいた本がそのままありました。
30年以上も同じ本が棚にあるって、よく考えたらすごい。ベストセラーというやつですね。

 

7割は知らない絵本でした。
なので、印象的な表紙だとついつい手にとって立ち読みしてしまったり。

 

楽しい。

f:id:sy4blog:20170619002551j:plain


シンプルできれいな世界観は大人にも必要。

f:id:sy4blog:20170619002904j:plain

 

心が洗われる絵本コーナー。

 

 


大人になってからも、ときたまですが、つい絵本を買ってしまうことがあります。

 

名古屋に住んでいたときによく行っていたカフェがあり、そこに置いてある本は自由に読んでよかったんですね。ちなみに栄にあるロフェルというカフェで、ギャラリーやアンティーク雑貨のショップも兼ねている、こじんまりとしたオシャレなカフェです。

 

https://retty.me/area/PRE23/ARE63/SUB6305/100000047170/

 

そこにはインテリアの本、建築の本、詩の本、ファッションの本、写真の本、様々なジャンルの本がオーナーの方のセンスでセレクトされていたのですが、そこに数冊の絵本もありました。

 

その出会いが、絵本っていいな。
と、また思い始めるきっかけになりました。


その頃は酒井駒子さんや荒井良二さんの本を買ったりしていました。

f:id:sy4blog:20170619003002j:plain

 

f:id:sy4blog:20170619003031j:plain 

f:id:sy4blog:20170619003104j:plain

 

 

最近は全然チェックできてないので、またしたいです。
カフェも、行きたいな。

 

ではではでは、また。

浮遊する感覚

音楽イベント「浮遊する ひなぎく」の感想文!

 

 

f:id:sy4blog:20170610230527j:plain

 

先日、友人DJ 監督が主催した音楽イベント「浮遊する ひなぎく」に行ってきました。
4文字通りテーマは”浮遊感”

しかしジャンルはアンビエントエレクトロニカ、和太鼓&Space effect・・・と、いい感じにバラバラで、それがなかなか刺激的でした。
場所は代官山のライブハウス、晴れたら空に豆まいて
(不思議な名前だなと思っていて、一度行ってみたかったので来れて嬉しい)

 

なかなか濃ーく深ーい内容でしたので(そういうの大好き)その感想をつらつらと書きますね。

 

 

トップバッターは森田晃平さん。PRIMITIVE ART ORCHESTRAのベーシストの方です。

http://www.primitiveartorchestra.com

 

今回のイベントでは、生のウッドベースとレコーディングされた音源の組み合わせで
”いつのまにか深く潜っていて、一緒にいてくれる音楽”のような不思議な心地になりました。

 

ゆったりと刻まれるベースの落ち着いた音を聴いていると、
「音楽って、すべての音に意味があるんだなぁ」なんてシンプルなことを考えている自分がいる。

 

ひいては「同じように、すべての物事に意味があるんだろうなぁ」なんて、普段自分一人での思考ではなかなか辿り着けないところに、森田さんの音楽によって軽々と連れて行かれている自分がいる。

 

とにかく心地良かったです。きっと生で聴くことにも意味があるんだろうな。

 

 

次の出演者はまゆちゃん。シンガーソングライターの繭子さんです。

http://mayucocoon.com/top.html

 

たぶんまゆちゃんは日本よりもヨーロッパでの方が露出が多いかもしれません。

 

f:id:sy4blog:20170610230627j:plain

 

まゆちゃんの歌声は、逆にまゆちゃんの独特の世界観に誘われる感じ。

 

澄んだ感じに、少しだけ肉感的というか女性らしい色気が混じった歌声。
そして神秘的で、甘くて、同時に芯の強さを感じる世界観。

 

まだタイトルが付いていないという新曲(今のところあだ名は「さくらさくら」というそうです。あだ名っていう表現がまた可愛い)も切ない曲で、良かったです。

 

ベースは金子信之さん、ピアノ(グランドピアノ)はあべじゅんいちさん。
おもちゃのピアノはまゆちゃんが普通に上手に弾いていて、驚きました。
ディスプレイとして置いていると思いきや!楽器のひとつだった!

 

 

次のアーティストは、森田晃平さんとPRIMITIVE ART ORCHESTRAでも活躍されているピアニスト 木村イオリさん。


この木村イオリさんのピアノがまた”入ってくる感”がすごい。
音楽が自分の外側で鳴っている感じがしないというか。

 

聴く側からすると、「映像型」もしくは「体験型」。
もしくは「追体験型」ピアノ演奏、みたいな。

 

美術館で歩きながら集中して順番に絵を眺めていると、自分がどこにいるか分からなくなってくるような感覚、あるじゃないですか。
もしくは映画を見ていて、いつのまにか映画の世界に自分が入り込んでしまっていると感じる時、あるじゃないですか。

 

本当は違うけれど、まるで自分が実際に感情体験しているような感じ。
木村さんのピアノを聴いているときの感覚って、そういうのに近い。

 

しかもDJ監督と木村イオリさんのコラボ時間もありましたよー。
木村イオリさんんの演奏するピアノに、DJ監督が被せてくる電子音や風の音、海の音。
それこそまさに浮遊感が増すのですね、
何だかわからないけれど泣きたくなりましたよ。良い意味で。

 


トリは、和太鼓&Space effectのONE VISION。

 

f:id:sy4blog:20170610230754j:plain


最初は3つの場所でそれぞれ太鼓を3人の方が演奏していて、それにSpace effectがかかっているんですけど、冒頭は浮遊感というよりむしろ高揚感を感じていました。
和太鼓からくる振動、すごいし。もう喉で振動を感じるくらい

 

しかし色んな曲を演奏するにつれて、エフェクトやシンセが存在感を増してくる楽曲に移行してきて、いつの間にかテーマ通りまさに”浮遊感”を味わっていました。

 

うーん。

 

アーティストの方々それぞれに表現する”浮遊感”さすが。

 

そしてこれを企画したDJ監督さすがー。

 

今回の「浮遊する ひなぎく」は記念すべき第一回目!だったのですが、今後も継続してやっていくそうなので、興味がある方は是非チェックしてみてください。

 

皆さま本当におつかれさまでした。ふわふわ。

 

恋人の写真を撮る、とは。

ファインダー越しに見ているものは、相手の姿か、自分の心か。

 

風景写真を一眼レフなどで撮影すると、現像された写真の中に、まさに撮影者の心象風景が見えるようだな。スマホだとそうでもないのに、不思議だな。

なんてよく思っていました。


皆さんは恋人・パートナーの写真を一眼レフで撮ってみたことがありますか。
(普通のカメラで撮った写真には、撮影者の心象風景が写り込む、と仮定して)
カメラとスマホでは、恋人・パートナーの姿や空気感に違いはありますか。

 


私が20代前半のとき、めちゃめちゃ流行った写真集があって、本屋に行くといつも平積みされていた。それは藤代冥砂さんが奥さまのモデル田辺あゆみさんをプライベート時に撮影した写真を集めた『もう、家に帰ろう(ロッキング・オン)』です。ミスチルの桜井さんが帯書いてたのも印象的だったなぁ。

 

f:id:sy4blog:20170528233431j:plain

 

 

 

今回この写真集について色々検索していた中で見つけたインタビューで、

藤代冥砂さんは結婚生活について
’’恋愛って、燃え尽きることを恐れずに突っ走るものだと思っていたけれど、「その先」があったんですね。それを確認することができてよかったな。’’と話していました。

素敵ですね。まさに自分の理想を投影したくなる、そんな特別な空気を切り取った写真集だからこそ、大ヒットにつながったのかもしれないですね。

 

 

奥さまの安達祐実さんを撮りまくっているということで最近話題に成っている写真家、桑島智輝さんは、本当に365日撮っていて、フィルム撮影のため現像代プリント代で月7万円らしい・・・すごい。本当に奥さんと写真の両方が死ぬほど好きでないとできないだろうなと思います。

 

奥さまのことを「不思議な存在なんですよね、写真映えする人なので。だから撮ってて本当に飽きないですよね。底知れない感じが、底が見えないです、撮っても撮っても。それが不思議で、ずっと撮らされてるというか。」と話していました。

 

安達祐実さんのオフィシャルギャラリーの写真は桑島智輝さんが撮っているらしい。
こんな写真とか。

 

f:id:sy4blog:20170528233808j:plain

 

可愛いな。

 

f:id:sy4blog:20170528233859j:plain

 

f:id:sy4blog:20170528234036j:plain

 

私は昔から安達祐実さん好きなんですが、このサイトを見てますます好きになりました。
http://yumiadachi.com

 


ちなみに私が初めて買った、写真家さんが奥さま(とお子さん)を撮った形式の写真集は、上田義彦さんの『at Home(リトルモアブックス)』です。

奥さまの桐島かれんさんの美しい姿や、4人のお子さんが生まれ、育っていく過程がモノクロの澄んだ光と影の世界に閉じ込められていて、それらの写真達が放つ「家族」というテーマの素晴らしさ、重さ、温かさなどに圧倒されます。
すべての写真がとても美しく、この写真集は一生手放さないだろうなという気がしています。

 

f:id:sy4blog:20170528234217j:plain


写真って記録のアートですよね。
そう考えると日常でもっと写真を撮りたくなります。

 

カメラにまた手を出そうか悩んでいる、今日この頃であります。

バイオリンについて学ぶ。

藪から棒に私の幼馴染を紹介します。

 

私の幼馴染Mさんは音楽が好きで、聴くのも演奏するのも作曲も、好奇心のままに色々手を出してきました。学校もPCでの作曲関係の学校に進んだり。

 

そんな彼女は、10年ピアノをやってきたけれど、ピアノとは違うバイオリンの独特な音色に惹かれる自分を抑えきれず、とうとう26歳の時に手を出し、かれこれ8年継続してレッスンに通っているそう。

 

先日1年に1回のバイオリンの発表会を観に行きました。

 

ポチッと撮影させてもらう。

 

f:id:sy4blog:20170507140251j:plain

 


せっかくなので、これを機会にバイオリンの歴史について軽く調べてみたのでご紹介します。

16世紀初めに誕生したのが始まりで、最古のものは現存していないけれど、絵画に描かれていることでそう推測されています。北イタリアが発祥の地のようです。
バイオリンより先に存在していた擦弦楽器は、モンゴルの馬頭琴や、中東にあった”ラバーブ”(ヨーロッパに伝わってからは”レバック”と呼ばれる)などがあったけれど、ラバーブまたはレバックはやがて立てて弾くタイプと抱えて弾くタイプに分かれたそうな。
そして立てて弾くのもは”ヴィオール属”に、抱えて弾くものは”バイオリン属”と進化して行ったそうです。

 

はい。

 

ちなみにバイオリン製作に使われる木は、表側が松、裏側が楓らしい。木がよく乾燥していることが良い音に繋がるので、昔作られたバイオリンはよく乾いていて良い音が出るんだって。

 

ところで、大人になってから何かを始めるっていいですよね。子供の時から習っているケースと違って、少なからず「1から覚えなくちゃいけないけれど、それでもいいから学びたい!」という決心や知的欲求みたいなものを持ってのスタートなわけで。
人生を深く味わう側面になりますよね。


私の周りは音楽が好きな人が多く、日々いろんな刺激をもらえて面白いです。

映像と音楽を操る。高木正勝さんについて。

ちょっと昔の自分を思い出しつつーの、たまには真面目に書こうと思います。

 

f:id:sy4blog:20170430153541j:plain

 

一人暮らしをしていた時、1年程テレビがない時期がありました。パソコンもなく、携帯もパケットコースの契約をしていなかったので、メール以外のインターネットができず、当時私にとっての娯楽は

・CDの音楽

・DVD

・本

のみでした。

もちろんSNSとも隔離されていました。

別に修行とかしていたわけではありません。


テレビなどがなくても生活はできるけれど、ごはんを食べるときに何もないと目と耳が淋しい気がして、たまに持っているDVDを流しっぱなしにしてました。


そのうちのDVDの一つが、高木正勝さんの「world is so beautiful」。

知らずに見ていたけれど、調べたらアニエス・ベーの依頼で制作し、ショップで展示していた映像らしいです。

 

知っている方も多いと思うけれど、高木正勝さんは音楽と映像どちらも手がける作家さんです。
おおかみこどもの雨と雪」などのサントラなども手がけています。

 

先日行ったイベントでDJの方が高木正勝さんの音楽を流していたので
高木正勝さんいいですよね!」「僕も彼は天才だと思います!」
などと話せて嬉しかったです。


そして個人的にすごく懐かしくなり、今回テーマとして取り上げてみました。

 

・「おおかみこどもの雨と雪」のサントラより。四本足の踊り。
https://www.youtube.com/watch?v=WqpPMTt8ZOk


・「girls」より
うつくしいピアノに心が浄化される感じ。
魂の綺麗な人なんだろうなぁ。
https://www.youtube.com/watch?v=VJRIqDoYqnE

 

・映画「バケモノの子」より。
コメントに「かけまわりたくなる」とあったんだけど、本当にその通りで、生きる喜びみたいな感じで、キラキラしてていいなと思う。
https://www.youtube.com/watch?v=ryb_uAt5_GA


今は山奥に移住して、改良した古民家と自然の中で暮らしながら、音楽活動をされているそうですよ。


よかったら高木正勝さんの音楽、ぜひ聴いてみてください。